ドーベルマンの脱毛症

ドーベルマンの脱毛症に見られる症状

ドーベルマンに限らず毛に覆われた犬がなりやすい病気の一つとして脱毛症が挙げられます。
季節による毛の生え代わりとは別に、大量に毛が抜けてきたり、一部分だけ抜けてしまったりするようであれば脱毛症を疑ってみるべきでしょう。

脱毛症はいくつものタイプがありますので、症状を見極めて適切な対処法を採ることが重要です。
毛の抜け方としては、小さな円形に抜ける円形脱毛症や、脚や尻尾など一部だけがごっそりと抜けるタイプ、全身の毛が抜けてしまうというものがあります。

また、毛が抜けると同時に、痛みやかゆみが生じることもあります。
その場合は、愛犬がその部分をしつこくなめたりかいたりしていますのですぐに気付くでしょう。
さらに、湿疹や赤み、皮膚が黒くなるなどの皮膚における変化も生じることがあります。

ドーベルマンの脱毛症の原因とは?

脱毛症が生じる原因にはいくつもの理由があります。
比較的多いのは、アレルギー反応による脱毛症です。
何らかの食べ物や飲み物、サプリメント、もしくは他の病気の治療のために処方された薬に反応して、皮膚が炎症を起こしてしまうことによって起こります。

もしくは、細菌に感染したというケースです。
真菌類の感染が多く、たいていの場合湿疹やかゆみが同時に見られます。
他の犬から感染する事が多いので、複数頭飼っている場合は、一頭に感染が現れたら、すぐに隔離などの対策が必要です。
普段の散歩の時も、皮膚病を持っている犬と接触しないように気を付けなければなりません。

ストレスや、ダニ・ノミなどの寄生虫による脱毛症もあります。
さらに、ドーベルマンはカラー・ダイリューション脱毛症という遺伝による脱毛症になりやすいことが分かっています。
薄い色で短めの毛を持つ犬によくある遺伝病で、先天性の脱毛症ということになります。

ドーベルマンが脱毛症になったら?

愛犬に脱毛症の疑いがあることが分かったら、しっかりとした診断を得るためにも、すぐに動物病院に連れていくようにしましょう。
そこで診断を受けて処置をしてもらうことになります。

細菌感染による脱毛であれば、外用の抗菌薬を患部に毎日塗ることや、殺菌のための飲み薬を処方される事があります。
また、アレルギー反応による脱毛症になっているようであれば、まずは何がアレルゲンとなっているかを調べる必要がありますので、最近ドッグフードを変えるなどしていないかを思い浮かべてみましょう。

こうした処置も大事ですが、やはり普段から愛犬の周りをきれいにしておく、定期的にシャンプーをして清潔を保つなどの予防策を採って、脱毛症のリスクを下げることが一番大事なポイントです。