ドーベルマンの胃拡張・胃捻転症候群

ドーベルマンが胃拡張・胃捻転症候群になった時の症状

様々な病気の中でも、胃拡張・胃捻転症候群は、症状が強く表れますし、とてもつらそうに見えるものですので、飼い主はこの病気のことを覚えておいて、適切な処置と予防策を採れるようにしておくことが大事です。
胃拡張・胃捻転症候群は、胃が異常に膨張してしまって痙攣したり、胃を始めとする臓器がねじれてしまって痛みをもたらしたりする病気です。

症状ははっきりと現れるもので、痛みやよだれが止まらない、ぐったりとして苦しんでいるなどがあります。
また、吐きたい様子を見せているのに吐けずに苦しんでいるといった症状もよく見られます。
こうした症状が治まって良くなっているように見えても、お腹が急に膨らんできて苦しそうにしていたり、息をするのが大変そうになったりすることもあります。

胃拡張・胃捻転症候群が進むと、胃だけでなく脾臓などの他の臓器も圧迫されたりねじれたりして、かなりの痛みを与えるようになります。
それどころか、臓器が壊死してしまいますので、臓器不全になって死に至ることもあります。
できるだけ早い処置を取ることが欠かせない病気なのです。

ドーベルマンの胃拡張・胃捻転症候群の原因とは?

それぞれのケースで胃拡張・胃捻転症候群の原因は異なるものですのではっきりとしたことは言えませんが、多くの場合、食べ物や水を一気に大量に摂取することによって起こります。
急激な飲食物摂取によって胃が異常をきたし、収縮運動が正常にできなくなるのです。
胃炎などの他の病気にかかっている時には、さらにそのリスクが高まることがあります。

また、食事をした後にすぐ激しい運動をすることによっても起こることがあります。
興奮状態になってしまい、胃の中に溜まっている大量の食物を処理できなくなってしまうことが原因です。

ドーベルマンの胃拡張・胃捻転症候群を治療する

ドーベルマンが胃拡張・胃捻転症候群になったら、すぐに動物病院に連れていくべきです。
すぐに症状が治まるケースもありますが、もし重篤化すると死に至るリスクが高いので、できるだけ早い処置を取ることが望ましいからです。

治療の方法としては、胃拡張・胃捻転症候群を引き起こしている食べ物や飲み物を排出すること、溜まっているガスをチューブなどで出すことが行われます。
また、過剰な胃痙攣を抑えるために点滴などを使って全身の状態を安定させます。

その後、症状がひどいようであれば、外科手術によって臓器のねじれなどを修復していくことになります。
かなり大変な治療になりますので、発病しないように、日頃から食事や水のコントロールをしてあげることや、食後はすぐ運動するのを抑えてあげるなどの予防策が肝心となります。