ドーベルマンの糸球体腎炎

ドーベルマンの糸球体腎炎の症状とは?

尿を作り体外に排出するための臓器である腎臓には、糸球体という組織があります。
ここに炎症が起こってしまって、腎臓全体に影響をもたらすのが糸球体腎炎という病気です。

糸球体腎炎の症状としては、主に尿に異常が現れます。
一番顕著なものはたんぱく尿というもので、本来ほとんど尿に含まれないはずのたんぱく質が尿の中に入ってしまうのです。

たんぱく尿が続くと、体力が低下しますので元気がなくなったり体重が落ちたりします。
さらに、全身がむくんできたり、お腹だけが膨張する様子を見せたりすることもあります。

また、腎不全もしくは機能低下が起きますので、尿が異常に多くなったり、逆にほとんど出なくなったりしてしまいます。
吐き気や食欲不振、脱水症状が出たりすることもありますので、全身症状となってその苦しみが出ることが多い傾向にあります。

ドーベルマンの糸球体腎炎の原因ははっきりとしていない

糸球体腎炎に遺伝的になりやすい犬種というものが存在することも分かっていますが、ドーベルマンの場合はあまり原因がはっきりとしていません。
いくつか考えられるものとしては、フィラリア症の一つの症状として出ることや、ライム病に感染したドーベルマンが合併症として起こす可能性が指摘されています。

他にも、伝染性の肝炎や他の臓器の病気によって、腎臓にも影響が及び糸球体腎炎になるといったレポートもあります。
しかし、どのケースであっても、ドーベルマンが糸球体腎炎にかかった際に、その直接の原因を突き止めるのは難しく、原因を根本から断つことはできないのが現状です。
そのため、症状が出ていないかどうかをチェックして早めに病気を見つけてあげること、症状が重くならないうちに、適切な治療をすることが何より重要なのです。

ドーベルマンが糸球体腎炎になったら?

まずは腎機能を元に戻すための対症療法を行います。
その上、で糸球体腎炎をもたらしている病気にかかっていないかのチェックがなされます。
特にフィラリアにかかっているケースでは、フィラリアの治療を進めることで症状が改善するケースが多いので、すぐにフィラリア治療を始めます。

また、細菌感染のリスクが高まることもありますので、抗生物質の投与を行うなどして症状が悪化しないようにすることもあります。
ケースバイケースの治療が求められますので、獣医師さんを信頼して適切な治療法を選ぶようにしましょう。

予防としては、蚊を媒介するフィラリアなどの病気にならないように、蚊除けなどの環境作りをすることが大事です。
また、腎機能を正常に保つために、十分な水分を飲ませてあげたり、日頃から十分な運動をさせて、ストレスを溜めないことも重要です。