ドーベルマンの膿皮症

ドーベルマンの膿皮症の症状とは?

膿皮症とは皮膚の病気で、ドーベルマンを始めとする犬全般がなりやすい傾向にあります。
症状としては、抜け毛が目立つようになり、皮膚が赤くなったり湿疹ができたりします。
また、かさぶたや膿疱がたくさんできて、全身に及ぶこともあります。

皮膚が炎症を起こした状態ですので、かゆみや痛みが出て、かなりの不快感を持つことが多くなるでしょう。
そのため、その部分をかいたりなめたり、噛んだりしてしまうことが多いので、さらに症状が悪化してしまうこともあります。
症状が出たら早めに処置をしてあげないと、さらにひどくなることが多いので、愛犬が苦しむことになってしまいます。

ドーベルマンの膿皮症の原因とは?

ドーベルマンが膿皮症になる原因としては、細菌への感染が挙げられます。
通常は空気中などに存在している細菌への抵抗力がありますので、症状が出ることはありませんが、擦り傷などから細菌が入り込んでしまって繁殖することがあります。
そうすると、皮膚にたくさんの細菌が住み着いてしまって病気を引き起こすのです。

また、寒さや疲れ、ストレスなどによって体の抵抗力が下がってしまっている状態でも、細菌の侵入に抵抗できなくなってしまって症状をもたらすことがあります。
そのため、体調が落ちている時には、まず安静にできる環境を作ってあげることと、栄養のある食事などを与えることによって免疫力を高めることがなにより重要です。

ドーベルマンが膿皮症になった時の治療法は?

ドーベルマンが膿皮症になった時の対処としては、抗生物質を使うのが一般的です。
膿皮症は細菌感染によって起こりますので、その原因菌を殺すことで症状をなくすことができます。
抗生物質は飲み薬も塗り薬もありますが、症状の度合いや患部の場所や広さによって処方されます。

また、細菌の感染が不衛生な場所にいることや、他の犬との接触によって起こった可能性もありますので、できるだけ環境を衛生的にする、他の犬との接触を避けるようにすることも求められます。
膿皮症にかかった犬は、他の犬にうつしてしまう危険性が高いので、症状が出たらすぐに隔離して、それ以上病気の犬を増やさないようにすることは欠かせません。

予防法としては、やはり毎日健康的な生活習慣を送るということに尽きます。
膿皮症は抵抗力の衰えによってなりやすいので、ストレスをできるだけ与えないようにする環境を作り、栄養バランスの取れた食事を与えることが大事です。

寝床の衛生状況にも気を遣うようにしましょう。
衛生状態が悪いと、原因となる細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいますので、よりこの病気のリスクを高めることになります。