ドーベルマンのウォブラー症候群

ウォブラー症候群について

ウォブラー症候群は、大型犬や馬にみられる病気です。
椎骨または靱帯が変形して、首にある頸髄が圧迫されて起こります。
ウォブラー症候群は犬種ではドーベルマンとグレートデン、マスチフやセントバーナードなどにおこりやすい病気です。

この病気は遺伝的な要因で発症するほか、急激な成長や栄養不足、ケガなどが原因で発症すると考えられています。

症状としては初期には首の痛みと、歩行時の後ろ肢のふらつきが見られるのが一般的です。
首をすくめて頭を低い状態に保とうとする、首を動かすのを嫌がるなどしている場合は、首に痛みを感じている証拠です。
特に中・高齢の犬の場合、頭を持ち上げると首の痛みが強くなるので、首を真っ直ぐにした状態で頭を低く保とうとする姿勢が多く見られます。

また、後ろ足のふらつきではTwo engine gaitと呼ばれる特徴的な歩き方をするようになります。
前足が硬直して歩幅が短くなり、後ろ足が大股になるため、前足と後ろ足が強調できずにふらふらした足取りになるのが特徴です。

このように首や歩行の症状の場合、ウォブラー症候群である疑いがありますが、病名の診断はCTやMRIによる詳しい検査によって行われます。

ウォブラー症候群で行われる内科治療と外科治療

治療では運動を制限して安静にさせる、コルセットで固定する、ステロイドを使うなどの内科的な保存療法が行われます。

これによって症状が軽くなることが多いのですが、完治に至ることは少なく、慢性的に症状が悪化していくケースが多く見られます。
症状が悪化すると四肢が麻痺する、歩行が困難になるなどの状態に陥ることもあります。

このため重度のウォブラー症候群の場合は、外科手術が行われるケースが少なくありません。
手術の方法は症状などによってさまざまですが、背中側から椎弓を切除する、椎体の一部を切除する、人工椎体で固定するなどの方法が知られています。

保存療法による内科的な治療と、メスを使う外科的な治療のどちらが良いか、単純には比較できません。
愛犬の症状を元に獣医さんとよく相談して、治療法のメリットとデメリットを理解した上で、どのような治療を行うかを決めることをおすすめします。

ウォブラー症候群の予防方法と注意点

ウォブラー症候群は犬種による遺伝的な病気なので、予防するのが難しいのが特徴です。
気をつけるべきポイントは、栄養管理をしっかりと行って栄養が偏らないようにすることと、幼少期には過度な運動をさせないことです。

また、治療中は激しい運動をさせない、首輪ではなくハーネスをつけるなど首に負担をかけないことも大切です。
獣医さんからの生活上の注意を、守るようにしましょう。