可愛いドーベルマンの子犬

サングラスとサンバイザーでお洒落している小さなドーベルマン

ドーベルマンの子犬

犬にしても人間にしても、赤ん坊や子供というものはかわいく、見ているだけでも癒されます。
小さな犬がヨチヨチと歩いたり、じゃれたりしている様子もかわいいものです。
犬を飼うなら子犬のうちから飼えば愛情もさらに沸き、しつけをすれば立派な犬にも育ちます。
大人の犬と違って子犬を育てるというのは、成長を見ていくことも出来るので、その楽しみもあります。

こちらは、ドーベルマンの子犬たちの動画です。
ヨチヨチとしっぽを振って歩いて、まるで小さな置物のようでとてもかわいいです。
クンクンと鳴きながら甘えている様子もみてとれます。
この時期の犬が一番かわいく世話の焼ける時期なのかもしれません。

子犬を飼うと、大人の犬と違い人間環境での生活に慣れていないために色々と大変です。
トイレを覚えさせたり、リードに慣れさせたり、留守番中のしつけや食事のしつけ、時には犬をお風呂に入れて洗ってあげなければいけません。
定期的に健康診断にも通わせて健康管理も必要になってきます。
まさに人間の子供を育てるぐらい世話の焼ける時期でもあるんです。
ドーベルマンだと甘えん坊な性格であり、ただでさえ甘えん坊な犬が子供の時期なら尚更甘えん坊になって飼い主のあなたなどに甘えたがります。

またこの時期は犬としての体を作っていく大事な時期でもありますので、食べ物なども成長を考えて与えなければなりません。
可能なら良質なドックフードを自分で選んで確かめて犬に与えるのが良いです。

実は子犬の最初の1年は人間で言うと18年分ぐらいになり、この時期に色々なことを教えて家庭環境で生活できるようにしなければいけません。
特に噛むことはいけないことだと教えないといけないので、これが結構大変だったりします。
この1年でしっかりしつけすることで、子犬の未来を作るのです。

子供とドーベルマンの子犬たち

それでは、ここでもう一つドーベルマンの子犬の動画を紹介します。
こちらはドーベルマンの子犬たちと子供が一緒にいる動画です。
沢山のドーベルマンの子犬が子供達の周りをふらふらおぼつかない足取りで歩いています。
子供が子犬を抱え上げたりしている様子がとても面白くかわいいです。

さらにもう一つこちらもドーベルマンの子犬たちの動画です。
茶色の子犬と黒の子犬の2種類いて、みんなで体を寄せ合いながら周りの様子をうかがったりしています。
生まれてまだそれほど日にちが経っていないのか、鳴きながら撮影者の足下にやってきて足にすり寄ったりする姿がかわいく滑稽です。
最後は母親のドーベルマンの犬がやってきたところで、動画は終了します。
それにしても、犬でもどんな生き物でも子供というのは、こんなにもかわいらしいものなのでしょうか、不思議なものです。