服を着せるメリット

なぜ犬に服を着せるのか?

犬に服を着せるのは、動物虐待だという人がいます。
実際はどうなのでしょうか。

犬に服を着させるのはメリットもあれば、デメリットもあります。
犬に服を着せることの意味や、必要性、どのような場合に服が必要なのかを知っていなければ、服を着せることは飼い主の自己満足で終わってしまうでしょう。

かわいい服を着せて連れて歩きたいというだけでは人間のエゴでしかありません。
犬にストレスを与えたり、苦しめたりしないために、服に必要性や意味について考えみましょう。

犬に服を着せるメリットとは?

服を着せるメリットの1つに、病気やケガを予防する効果が挙げられます。
家の外にはさまざまな危険があります。

植え込みの枝やフェンスの金網の金属などが刺さってケガをすることがありますし、虫や植物に触れてアレルギー反応を起こすこともあります。
また直射日光を浴びますから、紫外線による皮膚炎を起こすこともあります。

人間にとっては何でもないようなことでも、犬にとっては大きな脅威となる危険が潜んでいます。
服は、危険物から体を保護する働きをしてくれます。

また、抜け毛を予防する効果もあります。
犬を飼っていると室内の抜け毛も気になります。
特に、カフェや公共施設などに連れて行くときに、抜け毛で迷惑をかけないかと心配になりますね。

このようなときにも、服を着せると抜け毛が飛び散ることがありません。
換毛期は抜け毛が増えるので、この時期だけ服を着せるのもいいでしょう。

雨の日のお散歩でワンちゃんが濡れたり汚れたりしないように、レインコートを着せるという飼い主さんも多いですね。
レインコートを着て散歩をすれば、帰宅後の手入れが楽になります。

冬場などに寒さ対策として服を着せることもあります。
特にドーベルマンは寒さに弱い犬です。
寒さから身を守るために服を着せてあげてはいかがでしょうか。

犬に服を着せるデメリットとは?

犬種によって異なりますが、狩猟犬や大型犬などの場合、服を着せると体温が上がりすぎることがあります。
犬は自分で服を脱ぐことができませんから、服を着せる場合は暑さで苦しがっていないか、十分に注意する必要があります。

また素材によっては、摩擦で毛玉ができることがあるので、服を脱がせたあとは、ブラッシングしてあげましょう。
特にお腹や脇の部分は毛玉ができやすく、放っておくと細菌が繁殖して皮膚病の原因になることがあります。

服を選ぶときはデザインや価格だけでなく、コットンなど天然素材のものを選びことをおすすめします。

犬の服選びでは素材のほかに、サイズがぴったりと合っていることも重要です。
小さすぎると動きにくく苦しいですし、大きすぎると脱げやすく、それが体に引っかかって怪我をする恐れがあります。

サイズ選びは難しいので、慣れるまでは信頼のできるペットショップで、店員さんのアドバイスを受けながら購入することをおすすめします。