ドーベルマンの食費について

ドーベルマンのエサ代はいくらくらいかかる?

ドーベルマンは大型犬なので、よく食べます。
そのため食費にかかる費用はバカになりません。
うちも家計が大変です(笑)

エサ代はどのようなフードを選ぶかによって異なるので一概にはいえませんが、およその値段をみていきましょう。

まず、一日に必要なカロリーから。
一日に必要な摂取カロリーも体重や運動量、年齢によって異なりますが、一般的な体型のドーベルマンの場合、必要カロリーはおよそ次のとおりです。

生後2か月~6か月の幼犬の場合は1000~2000kcal程度、生後6か月~2歳の若い犬の場合は2000~2500kcal程度、2~7歳の成犬の場合は1500~2000kcal程度です。

ただ、成長期が終わって成犬になると、これまでの経験からどのような食事をどのくらい与えるのが適切か判断できるようになります。
便の状態や運動量、痩せ過ぎていないか・太りすぎていないかなどの体調を観察して、適切な量の食事を与えましょう。

7歳以上の老犬になると、幼犬のころのように食事回数3~4回に増やし、食べやすく消化の良いものをあげましょう。
カロリーはそれほど考えなくてもいいでしょう。
なるべく長生きしてほしいですから、喜んで食べるものを与えて、栄養不足にならないように配慮してあげてください。

成犬の場合、ごく一般的なドッグフードおやつの購入費用の目安は、1か月に1万円程度。
年間で12万円程度と考えられます。

おすすめのドッグフード

ドッグフードは犬の健康を考えると、合成添加物が使われておらず、なるべく穀物が含まれていないもの、そして低カロリーのものがおすすめです。
またドーベルマンのような大型犬は食欲が旺盛ですから、なるべくなら食費を抑えられるドッグフードが嬉しいですよね。

ドッグフードは実にたくさんの種類のものが販売されています。
そのなかから私が実際に試してみて、おすすめするドッグフードを3商品ご紹介します。

まず、オリジンのドッグフードです。
主な食材は鶏肉。
人工添加物が使用されておらず、穀物も使われていません。
13kg入の大容量パックで通常価格1万8819円、成人犬1食あたりに換算すると約523円となります。

クプレラのドッグフードもおすすめです。
こちらはギンヒラス、シロギス、オーストラリアの真ダイと魚が主食材。
人工添加物も穀物ともに不使用です。
22.7kg入で、通常価格2万6449円。
こちらも成人犬1食あたりの値段は523円となっています。

最後にご紹介するのは、モグワンのドッグフードです。
チキンの生肉、生サーモンが主食材で、人工添加物・穀物ともに使用されていません。
1.8kg入りで、通常価格3960円。
成人犬1食あたりの値段は857円とやや高めですが、満足度が高そう。
うちのドーベルマンも、ガツガツ食べています。