ドーベルマンの歴史

警備犬として作られる

ドーベルマンは時には映画などにも登場し、豪邸の庭で警備をしていたり、警察犬として使われるような光景を良く見ます。
実はこのようにドーベルマンは警備犬として作られたのが始まりであり、生まれたときから警備犬としての運命があります。

ドーベルマンの正式な名前はドーベルマン・ピンシェルという名前であり、元々ドイツに住んでいるルイス・ドーベルマンによって作られた犬です。
彼は税金徴収の仕事をしており仕事で家を回るときに、自分と行動する優秀な警備犬を必要としていました。

そして、19世紀末になると、警備体制を整えるための犬として、まずはジャーマン・シェパードとジャーマン・ピンシェルを掛け合わせて、その次に黒っぽい色のマサチューセッツ・テリアやグレイハウンドさらにはワイマラナーなどを掛け合わせて警備犬を作りました。
そうして現在のドーベルマンの原型の犬が誕生します。

筋肉質であり力がありがっしりした体型のこの犬は、警備犬として適していました。
更には見た目に優雅さや俊敏さも備えており、気高く警戒心のある犬であり、警備をするにはとても適した能力を持っています。
運動神経も良く飼い主にも忠実であり頭も良いので、訓練させても物覚えがよいのも警備犬に適しています。
また警備犬のみならず、軍用犬や家庭での番犬としても使われます。

改良が行われる

がっしりとした骨格であり丸い頭部が特徴的だった、ルイス・ドーベルマンによって作られた犬は、その後愛犬家達によって引き締まった体への犬へと改良されます。
飛躍的に改良が行われると、1899年にはドーベルマン・ピンシェルというクラブまで誕生し、ドーベルマンの人気は高まり、1908年に初めてアメリカに持ち込まれます。

勇敢で大胆な性格は瞬く間にアメリカでも評判が高まり、ヨーロッパでも評判が上がります。
また軍用犬としても、さらには家庭での番犬としても絶賛され飼育されます。
美しいシルエットはドッグショーでも活躍するようになり、もっとも参加する犬の数が多い種類となりました。
家庭犬として飼う人が多くなると、1977年にはアメリカで2番目に人気の犬となります。

しかし順風満帆だったこの犬にも、突如悲劇襲いかかり、近親交配によって白い毛のホワイトドーベルマンが誕生します。
ドーベルマンというと黒い毛が特徴ですが、突如誕生したホワイトドーベルマンは、アルビノ体であり、病気になりやすいという特徴があるので、ドーベルマン・ピンシェル・クラブでもこの遺伝子を持っている犬は遺伝子で分けられました。
ホワイトドーベルマンは飼育するのも難しいのですが、現在は希少種となっており、僅かに繁殖家によって血統は維持されています。