ドーベルマンの強さの秘密

アメリカ軍の兵士とドーベルマン

大きな特徴

皆様は犬を飼われていますか?

犬は長い歴史において一緒に戦っていた強きパートナーです。
強い犬が多くいるとは思うのですが、さて皆さんはドーベルマンについてどんなイメージをお持ちでしょうか。

少なくとも弱い犬と思っている人はほとんどいないのではないのでしょうか?
たいていの方はスマートで強くて、素早い犬だというイメージをお持ちだと思います。
しかし強いだけでなくしっかりと教育すれば、ものすごく賢いのも魅力的で飼い主になつきやすいのも大きな特徴です。

それではドーベルマンはなぜ強いのでしょうか?
今回はその秘密に迫っていこうと思います。

ドーベルマンという名前は作出したルイス・ドーベルマンより名づけられています。
ドーベルマンは19世紀後半にドイツのテューリンゲンで税金の徴収の仕事をしていたルイス・ドーベルマンにより作出されました。
ドーベルマン氏は、税金の徴収を仕事として家々を回っていたため、現金を持ち歩くことが多く、しっかりと警護してくれる犬がほしいと考えたことがはじまりです。
また、税金の徴収の仕事以外にも、犬のブリーダーや犬の保護員もしていたともされています。
参照元 >>> ド―ベルマン|犬の保険|ペット保険

ドーベルマンの経緯を見てみますと、歴史はそれほど深くなくてドイツのルイス氏がシェパードとジャーマンピンシェルを掛け合わせたのですが、その目的が警備体制の強化にあったのです。
それによって今のドーベルマンの原型になる犬が完成したわけですが、まだこの時点ではがっちりした体格の丸みのある頭部が特徴でした。

ドーベルマンの秘密

しかしその後多くの品種配合があって、見た目もカッコいい強い犬になっていくのですが、20世紀にアメリカに持ち込まれると人気は一気に加速して5本の指に入る人気のある犬になるのです。
そして警察犬や警備犬、軍用犬としての利用が多くなって、そうした目的での配合が増えるのです。
ドーベルマンは強いというのは、力だけではありません。
前述のとおりスマートな体はスピードを上げるために作られたといっても過言ではなくて、ものすごいスピードで体当たりをする場合でも相当な攻撃力を出すのです。

もしも小柄な人がそれを食らえば最悪失神するなんてこともあり得るというのですから、驚きですね。
ですから彼らと人間が素手で戦えばおそらく勝ち目はありませんので、戦場で大きく活躍してくれる戦力となるわけなのです。
今も戦争が起こっている地域で一緒にいくこともあるそうですが、出来ればそういう場所で活躍はしてほしくないのが多くの方の意見だと思います。

以上が、ドーベルマンがなぜ強いかという秘密です。

攻撃性そのものは強くない犬

やはりDNA的にも強さを持っていて、そのうえで速さと力をうまく使い分けていることで、知力を最大限に使っているところが強さの秘訣といったところなのでしょう。

興味を持たれている方もいらっしゃいますがこの犬は育てるのは大変で、育て方を間違いますと危険なことになりますから、しっかりとしたブリーダーにお任せして育てましょう。
強いイメージがあるので獰猛なイメージをもたれるかもしれませんが、警戒心が強いだけで命じられない限り攻撃性そのものはそれほど強くありません。

主人に忠実なので支持した通りのことしかしませんので、普段はとてもおとなしい性格です。
遊ぶことも好きで初めて見る人には警戒心を抱きますが、慣れれば人懐っこく遊んでくれます。

この可愛さは普通の犬とは変わりませんので、一緒に生活をする上で楽しいことは間違いありませんし、番犬としても活躍してくれるのです。