実は甘えん坊?

ドーベルマンの性格はどのようなものか?

ドーベルマンは警察犬や番犬として活躍しており、その見た目も勇猛で強そうなイメージを受けます。
そのために、ドーベルマンを飼ったことの無い人は、この犬は勇敢で強い犬だと思いではないでしょうか?
しかし実はドーベルマンの性格はその見た目とは違い甘えん坊であり、犬をペットとして飼うにはとても最適の犬だとも言えます。
あまりに甘えん坊なので、警察犬などには向いていないのではないかと言う人がいるぐらいです。
しかし、ドーベルマンによる人への危害、噛んで傷つけてしまったということは無いわけはないです。
これは誤解して欲しくはないのですが、ドーベルマンが猛犬なので人を傷つけてしまったということではないのです。
実はしつけの出来ない飼い主が安易にドーベルマンを他人に触れさせてしまって、その結果として人を傷つけてしまうのです。
これは、どのような犬でも同じです。
しつけが出来ない犬であれば、どんな性格の犬でも、それは人を傷つける危険性があるのです。

またドーベルマンは甘えん坊ですが、同時に警戒心もとても強い犬でもあります。
このために飼い犬としては適していますが、安易に初心者が気軽に飼えるような犬ではないのです。
警戒心が強いために、自分や飼い主を守ろうとする意志も高く、これによって他人を傷つけることもあります。
ドーベルマンを飼い主がコントロール出来なければ、時にはドーベルマンが他人を噛んだりして傷つけることもあるでしょうし、そのような事件ばかりがピックアップされれば、ドーベルマンは凶暴な犬だという印象が付いてしまいます。

ドーベルマンを飼うからには飼い主のしつけが大切

どのような犬を飼うときも同じですが、やはり犬を飼うからには飼い主がしつけをして、犬が人間社会で生きられるように教えていかなければなりません。
ドーベルマンに関しても同じであり、飼い主がしつけを出来るかどうかで、ドーベルマンが凶暴な犬になるか、しつけされて飼い主に従う優秀な犬になるかがわかれるのです。
またドーベルマンを飼うなら、毎日散歩させる必要もあります。
犬は通常は活発に動き回る生き物ですが、家で飼われている場合などは、なかなか激しく運動するのは難しいです。
それを解消するのが散歩であり、1日2時間ほどの散歩は必要となります。

ドーベルマンの毛色としてはブラックが一番多いですが、その他の色のブラウンなどのドーベルマンもいます。
しかしブラック以外の色のドーベルマンはあまり好ましいものではありません。
というのも、毛色をブラックにするはずの遺伝子を弱めた犬がブラウンなどのドーベルマンとなり、それは無理に遺伝子を弱めて劣性遺伝子としたものです。
このために劣性遺伝子が引き金となって病気などを誘発する場合もありよくありません。