寒さに弱いんです

ドーベルマンは寒さに弱い犬種

猫は寒さに弱いけれど、犬は寒さに強いという印象があります。
大型犬の場合、体温は37.5~38.6度程度で、人間よりも体温が高いので、寒さに強いともいわれています。
またドーベルマンはドイツ産まれの犬種なので、寒さに強いイメージがありますよね。

しかし短毛種のドーベルマンは、寒さにとても弱いのです。
室外で飼っているなら、冬場は室内で飼うことをおすすめします。
うちは室内飼いですが、冬なると毛布のそばから離れなくなります(笑)
室内で飼えない場合は、できる限り温かくしてあげてください。

寒いときのサインを見逃さないで

ドーベルマンは寒いと感じたら、サインをだしますから見逃さないようにしましょう。

まず、ぶるぶると震える。
人も寒さに震えますが、ドーベルマンも同じです。
しかしドーベルマンなどの犬は、緊張しているときや恐怖を感じるとき、病気のときなどでも震えることもあります。

寒さが原因の震えであれば、温かくしてあげると震えは治まります。
温かくしても震えが収まらない場合は、病気など何らかのトラブルの可能性がありますから、しっかりと様子を観察して、獣医さんに診てもらうなどと適切な対処を行いましょう。

水をあまり飲まないのも、寒さを訴える合図です。
冷たい水は体を冷やすの、飲む量がしぜんと減っていきます。
しかし水をあまり飲まないと、体内の水分量が減ってしまって健康によくありません。

膀胱炎や尿結石などの、泌尿器系の病気にかかりやすいので注意しましょう。
水分不足の対策としてドライフードをお湯でふやかしたり、ウェットフードに切り替えたりすることをおすすめします。

温かい場所に移動するのも寒さの合図です。
室外で飼っている場合は陽のあたる場所や風を遮られる場所に移動するなど、少しでも暖かい場所を探します。
室内で飼っている場合も、ホットカーペットや毛布の上などに移動します。

また室外で飼っている場合、吠えて寒さを訴えることも少なくありません。
特に夜中から夜明け頃の時間帯は寒いですから、家の中に入れてほしいと吠えることが多くなります。

ご近所迷惑にもなりますから、冬場は室内で飼うことをおすすめします。
それが無理なら、せめて夜の間だけでも玄関など家の中に入れて暖かくして眠らせてあげましょう。

冬場の寒さ対策

冬場は、なるべく暖かい場所にケージを置いてあげましょう。
壁や床から冷気が伝わりますから、壁にダンボールを当てて断熱するなどの対策をとることをおすすめします。
床にもフリースや毛布を敷いて、温かい寝床を作ってあげてくださいね。

暖かい服も着せてあげましょう。
犬用のフリースやセーター、コートなど、冬用の服が販売されています。