しつけは飼う前から始まっています

犬のしつけは飼う前が大切

犬を家族の一員として我が家に迎え、楽しく仲良く暮らしたい――。
そう願っている愛犬家が大勢います。
しかしその一方で、犬との幸せな暮らしを夢見て飼ってはみたものの、問題行動ばかり起こして悩んでいる飼い主さんも多いのです。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか。
その大きな要因は、飼い主さんの知識不足、経験不足です。

犬を飼う前にしけつについて勉強をしていない場合、どのように犬と接すればいいのか、またどのような訓練が有効なのかがわからず、誤った接し方やしつけ方をして問題行動を誘発するケースが多くなります。

犬がかわいい、犬と暮らす生活に憧れるといいう安易な気持ちで犬を飼うと、犬にとっても飼い主さんにとっても不幸な未来を招くことがあります。
犬のしつけは飼う前から始まっていると認識し、まずは犬についての知識、しつけの方法などを勉強しましょう。

しつけの極意とは?

しつけをする際には、問題行動など犬のすべての行動は犬が悪いのではなく、飼い主の勉強不足にあることを心構えとして忘れないようにするべきです。
問題行動を起こしても大声で怒鳴る、叩くなど罰を与えるのは禁物です。
起こられてばかりいる犬は、飼い主さんに対して恐怖心をいだきます。

本当なら愛情で結ばれるはずのペットとの絆が、支配者と被支配者という対立的な関係になってしまうのです。
その結果、犬は常に怯えながら生活しなければならず、大きなストレスを抱えます。
そしてストレスが爆発して吠える、噛み付くなど問題行動を悪化させてしまいます。

しつけは辛抱強さがなければ成功しません。
このようにしなさいと教えても、すぐにできるわけではありません。
人間の子どもも同様ですが、食事もトイレも少しずつ学んでいきます。
トレーニングで教えたことができなくても、できるようになるまで気長に続けて覚えさせましょう。

犬に接するときは、その行動をワンちゃんがどのように受け止めるか、そして飼い主が望んでいることがワンちゃんに正しく伝わっているのかを常に考えてワンちゃんの反応を観察しましょう。

犬は犬種によって性質が異なりますが、同じ犬種、同じ年齢であっても性格がそれぞれ異なります。
ですからある犬にはとても有効なしつけでも、別の犬にはまったく効果があらわれないこともあります。

私もドーベルマンを買う前にいろいろ勉強したつもりですが、本のとおりにしつけをしても、思うような効果が現れないことも多くありました。
性格に合わせた接し方をすることも大切です。

また、家族全員が同じ方針でしつけを行うことも大切です。
お父さんは吠えたら叱るけれど、お母さんは無視する、お姉ちゃんは撫でてなだめてくれるなど、別々の接し方をしていたのでは、犬が混乱してしつけができません。
家族でどのようにしつけをするべきか話し合って、全員が同じ態度で接するようにしましょう。

犬との暮らしでは、犬と飼い主がともに成長していくという気持ちが不可欠だと思います。