多頭飼いのしつけ方

愛する犬に囲まれて暮らす喜び

ドーベルマンの飼い主さんには、多頭飼いをしている人が多いことをご存知ですか。
我が家は現時点では1匹しか飼っていませんが、いずれは多頭飼いにチャレンジしたいと考えています。
愛犬家にとって複数の犬と暮らすことは、それだけ家族が増えるということですから、大きな魅力ですよね。

愛する家族が増えて幸せという意外にも多頭飼いは、さまざまなメリットもあります。
その中でも特に重要なメリットとして、しつけが楽になることがあげられます。
複数の犬が同じ場所で暮らすことで犬同士の関係ができ、社会性が身につくからです。
そして先住犬が後輩に家のルールを教えてくれるので、しつけの苦労が大きく軽減されます。
犬を飼う苦労の1つにしつけがありますが、しつけが楽になるというのは大きなメリットです。
この際のポイントは、先住犬のしつけをしっかりとしておくことです。

犬はもともとは群れで暮らす動物です。
しかし一頭飼いの場合は、他の犬と接する機会が極端に少なくなります。
多頭飼いなら本来の環境に近いですから、ストレスの軽減効果も期待できます。

多頭飼いのデメリット

多頭飼いにはデメリットもあります。
犬同士の相性が悪い場合、犬も飼い主も大きなストレスがたまります。
犬同士が仲良くなりやすい環境を整えてあげましょう。

そのためには常に先住犬を優先することがポイントです。
ブラッシングをする、食事を与える、声をかける、散歩のリードをつけるなど、あらゆる行動は先住犬を先にします。
こうすることで後輩犬は自分が立場が下であることを学びますから、相手を尊重して争いを減らすことができます。

また、去勢すると縄張り意識が低くなり、ライバル視をすることも少なくなるといわれています。
2頭とも去勢するのであれば、この場合はまず後輩犬から去勢を行うことで、先輩犬の優位性を示すことができます。

あせらず少しずつ仲良くさせることも大切です。
実際に犬を飼う前に何度も対面させて、仲良く暮らしていけそうか相性をみるようにしてください。
そして相性が良さそうだなと判断してから飼うようにしましょう。
相性が悪いようなら、その犬を飼うのを断念する勇気をもつことも大切です。

そして実際に多頭飼いをするようになったら、一緒におやつを食べさせたたり、遊んだりしましょう。
こうすることでほかの犬といっしょにいるのは楽しいことだと理解し、仲良くなりやすくなります。

そして、平等に愛情を注ぐことが何よりも大切です。
先住犬を優先させますが、愛情は同じであることを伝えましょう。
また、ひとつのボールを投げていっしょに取りに行かせるなど、お互いを競争させるのもNGです。
中の良い兄弟として両方に愛情を示すことで、犬も飼い主も良好な関係を結ぶことができます。