散歩のしつけ

成犬になったドーベルマン

プライドが高い犬

犬は一般的に知能が高い動物ですが、中でもドーベルマンは非常に頭の良い種類です。またプライドも高く、相手を良く見て理解する事が出来る種類の犬でもあります。
犬と一緒に生活をしていく為には、ある程度のしつけをする必要があります。かわいいからと言って何もしないでいるのは、結果的にその犬の為になりません。

出来るだけ安心して社会生活を送る事が出来るようにするためにも、
必要な事は自分が飼いだした頃からしっかりとしつけておくようにするのが重要です。
しつけるべき内容は色々とありますが、今回はその中でも散歩についてみていきます。散歩と言えば、運動不足にならないようにするためにも非常に重要な事ですが、ただ好きなように歩かせているのは良くありません。

リーダーと認められることが大事

特にドーベルマンの様な犬種の場合、飼い主と自分の順位というのが非常に重要になってきます。
リーダーだと犬が認めた人の言うことだけを聞くので、
ここで犬より飼い主の方が下だと思われるようなことをしてはいけません。
したがって、散歩をしている人に良く見かけるのが、
犬が人間を引っ張っているという状態ですが、これはダメな例です。

まずすべきことは、好きなように歩かせないという事です。
そして、リードを伸ばし過ぎる事無く、しっかりと飼い主が犬の動きを制御できるようにしましょう。
走り出したとしてもそれについて行ってはいけません。
散歩で重要な事は、犬と飼い主の間の主従関係をはっきりとさせる事です。

勿論ペットを家族として飼っている人にとっては、そんな事をしたくないと思うかもしれませんが、将来の事を考えると出来るだけここでしっかりとしたルールを身に付けさせる方が犬の為になります。
だから甘やかしたくなる気持をぐっとこらえて、出来るだけしっかりと毅然とした態度で接するのが重要です。
従って、散歩は飼い主が歩きたいルートを歩くようにします。

また良い事をしたらほめる、悪い事をしたらしっかりと叱るのが重要です。
あいまいな状態にしたり、その時々で対応が違うようになると犬が混乱してしまうので注意しましょう。
ドーベルマンはそんな犬の中でも非常に賢く、また主従関係を重視する犬種です。

しっかりと相手の事を上と見ていれば言うことを聞くので飼いやすいタイプなのですが、甘やかしてしまって飼い主を下だと思ってしまうととたんにわがままが出て飼いにくくなってしまうので注意が必要でしょう。
出来るだけ仲良く生活するためにも、散歩のときもしっかりとしつけが必要です。